>>足が速くなりたい方のみご覧ください pppo0.jpg

2007年05月11日

足の最強トレーニング

足をトレーニングする前に基礎を学ぶ足と健康
足は時として第二の心臓とも呼ばれ、立位時重力に従って下方向へ体液が流動する事に因って引き起こされる体液停滞むくみを、足の血管周辺の筋肉の運動によって上部へ押し返し再び循環系に戻す事を行っている。また手と同様に中医学における経絡(ツボの事)が多くあるとされ、また足の不具合が体の他の部位の様々な病因となる事があるとされる。 また足には手と同様に利き足があり、反対側よりも筋力、長さ等が発達している事が多く、左右の不均等が全身の歪みを引き起こすとも言われている。この足の利きの違いが山中での遭難の原因リングワンダリングを引き起こすと言われている。

足に何らか症状を引き起こす病気として、
爪の病気は爪の項を参照。靴や遺伝原因とされる巻き爪も、痛むようなら専門医へ。
白癬と呼ぶ皮膚感染症が広く感染者も多いと予測される一般的な病気である。広く一般的にはみずむし、しらくも、たむし等とも呼ばれ、黴に似た細菌に皮膚や爪等のケラチン質が侵され、自覚症状はアレルギー様症状で痒みや水ぶくれ、疹などが出る事もあるが自覚症状が無いものもある。冬場は症状が落ち着き、湿度や温度が高くなる春から夏にかけて痒みがひどくなる事が多い為、肌を清潔に保ち通気性が良い状態に足を保つ事で悪化を抑える事が出来るが、白癬菌は徐々に内部浸透し直り難くなる為初期の症状のうちに完全に退治し治療を済ませる事が一番大切である。しかし広く浸透している民間療法の多くは殆ど効果が無く、また冬には症状が治まってしまい、命に密接に繋がる病気ではない為、根治ができた筈の初期の段階を通り過ぎて症状が酷くなってから専門医にかかる事が多い状態を招いている。白癬罹患者の落とす患部の垢は病因菌の塊であり、同居している家族の感染を防ぐ為にも早めに治療を開始する事が勧められる。
扁平足は土踏まずと言われる足の裏の箇所の凹凸が無いものを指し、体重移動が上手く為されず、健常者に比べ立ち仕事や歩行が疲れ易いとされる病気である。遺伝的な因子に加え骨折、脱臼、靭帯損傷、筋麻痺等に加え、最も多いとされるのが成長期に長時間たち続ける事によって起きる静力学的扁平足である。乳幼児の頃の偏平足は一般的に見られる状態であり、病気と言えるものは後天的なものを指し、土踏まずを鍛える運動や矯正装具などで治療する事が出来る。
外反母趾は足の親指が骨を基盤として小指の方向に曲がってゆく器質的な病気で、体重が変わり易く靭帯が緩む中年以降や足に合わない靴を履く人に多く発生し、先端部の細いハイヒール等を履く女性に発現が多いとされる。通常、靴を変えるだけでは治る事は無く、矯正を必要とする。痛風やリウマチにも変形性関節炎を伴い同様の症状が見られるため、鑑別診断が必要である。形態学で紹介したエジプトタイプの足は、親指が長いと言う形態上今日の汎用型靴に合わず、外反母趾に罹りやすいとされる。
多くが生まれついての病気に分類されるが内反足は男の子に多く早期発見、治療、矯正が大切な足の異常形態である。対して外反足は自然治癒が見込めるとされる。
足首や膝に起こりやすい捻挫や脱臼は運動障害を伴った傷害であり、靭帯断裂等を伴い起き易く習慣化し易い症状である為観察には注意が必要である。
内側膝蓋滑膜ひだ障害は、日本人に約50%もつとされているタナが、肥大化し約1〜3パーセントの人に症状が出る症候群である。また、ごくごく稀に関節部を触診するとタナ(ひだ)を観察される場合もある。ストレッチなどしかなく、あまり効果が期待されない。痛みが取れない場合は、手術がいちばん効果的である。松井秀喜選手もかかった症候群である。
他には痛風、魚の目、ケーラー病、レイノー病、キーパンチャー病、ビュルガー病、フィラリア等が引き起こす象皮病、他に爪の病気等が足に症状を引き起こす病気として多く挙げられる。
また痛風罹患時には足の関節に尿素結晶が比較的出来易いとされる。
他にも様々な病因や病気がありますが、実際に症状がある時は自己判断ではなく専門家にかかり見て貰う事をお勧めします。
ウィキペディアより

足を速くする方法を学ぶ上でとても重要なのは、足について、人体について知ることです。足について学ぶことで無駄な努力を極力減らし、効果的に足をはやくすることができます。ぜひ足についての知識を高めておきましょう。そうすれば、足の怪我などを防ぐ事ができ案巣。
posted by 俊足男 at 16:09| 足のトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>>足が速くなりたい方のみご覧ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。