>>足が速くなりたい方のみご覧ください pppo0.jpg

2008年04月23日

短期間で足が速くなる方法


短期間で足が速くなる方法


短期間で足が速くなるためのトレーニング方法とは?
短期間で足を速く走るためのトレーニングですが、まずは自分の足の筋肉タイプをしっかりと自分で把握することが大切です。短距離タイプか、長距離に向いているのか?陸上部など走る専門の部活に所属している場合は、すぐに分かるとおもうのですが、そういった専門の部活などに所属していない場合は、自分の得意なほうを判断するとよいでしょう。

足を速くする方法で一番気軽に行えて、短期間で効果を実感することができるトレーニング方法は、つま先立ちトレーニングです。
かかとを地面につけた状態から、つま先立ちにする。これを100回行うトレーニングを一ヶ月程度行えば効果を実感することができるでしょう。さらに効果を倍増するためには、台などを利用しより筋肉に負荷をかけてトレーニングをおこなえば、より効果を実感することができます。ですが、はじめは筋肉を慣らしてからではないと筋肉を傷めたりしてしまう原因になってしまうので、初めは負担のすくないトレーニングを行い、少しずつ負荷を強くするトレーニングにしていくと良いでしょう。

もうすぐマラソン大会や運動会などの行事があるので、今のうちから少しつづ足の筋肉を強化していくと怪我の予防にもなりますし、足もどんどん強化されていくので、通勤、通学などを利用して大会や運動会に向けて足を慣らしていくと良いと思います。

下半身だけのトレーニングではなく、上半身などもバランスよくトレーニングすることで、効果を倍増することができますし、足が速くなるポイントなので、下半身のトレーニングだけではなく、腕立てなどといった上半身の強化トレーニングも同時に行っていきましょう。

posted by 俊足男 at 13:47| 足が速くなるトレーニング方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

100メートルを早く走る

足をはやくするためには
足の筋肉のほか、上半身の筋肉もバランスよく
鍛えることが重要です。

オリンピックで優勝した選手のなかには
上半身を徹底的に鍛えたおかげで
100メートルで金メダルを獲得することが
できた選手もいます。

うぃきぺでぃあより

100M走(ひゃくMそう)は 、陸上トラックのメインスタンドの直線をセパレートレーンで100Mを走る速さを競う陸上競技。 陸上競技の中で人気が高く 、花形競技である。

1988年のソウルオリンピックでは  、男子100M走において 、9秒79という当時としては驚異的な記録を出したベン・ジョンソンが 、ドーピング検査で陽性の判定が出たために失格処分となり 、世間で話題になった。

バランスを考えて筋肉をつけることで
効率よく早く走れるようになります。
posted by 俊足男 at 19:27| 足が速くなるトレーニング方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>>足が速くなりたい方のみご覧ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。